動画

同性カップルの家族構築

 

California Fertility Partnersは性的指向に関係なくすべての患者さんを治療致します。私はレズビアンの女性、ゲイの男性、トランスジェンダーなど、子供を欲しい方すべてを治療しています。

レズビアンの女性の治療方法はいくつかあります。通常は自然周期人工授精から始めます。この方法において、女性は排卵日をチェックし、最適な段階で精子提供者の精子を解凍し、できるだけ排卵日に近い時に子宮に精子を注入します。レズビアンの女性の別の治療法は、体外受精です。患者さんによっては、妊娠率が高いので、最初から体外受精を望む方もいます。

体外受精では卵巣を刺激し、たくさんの卵胞を作ります。手術で卵を取り出し、受精し、3から5日培養し、その中から一番いい受精卵を選び、子宮に戻します。

レズビアンのカップルの体外受精における別の選択肢として、受精卵を戻すときに卵子を採取した女性に戻す方法と、「レセプロカル体外受精」と言って、カップルの一人から採卵し、もう一人のパートナーに受精卵を戻す方法があります。

精子提供には二つの選択肢があり、女性は精子バンクの匿名の精子提供者の精子を選ぶことができますし、家族や友達など知り合いの提供者の精子を使うこともできます。どちらにしても体外受精指標に基づいて、精子が治療に使われても安全であることを確証するために精子は検査されます。

またレズビアンの女性は治療を始める前に経験豊富な生殖医療専門の弁護士に相談することが重要です。法的な両親は誰かを明確にすることができます。これに関する法律は、州によって異なるので、住んでいる州の弁護士に相談するのが大切です。

ゲイの男性で家族を持ちたいと思う方は、通常卵子提供者と代理出産を用いることになります。私は家族を持ちたいカップルや個人に最初に会う時、基本的な精子解析から始めます。精子解析は基本的な精子の数、質を調べ、治療に適した精子かどうかを確かめます。

そして代理母のエージェントをご紹介します。エージェントから紹介された代理母は私のところに来て、医学的な検査を行います。私は慎重に彼女が子供を妊娠、出産するのにふさわしい方かどうかを調べます。身体検査、子宮の検査、過去の病気などの検査を行います。

代理母はすでにエージェントによる心理検査を行っているはずなので、代理母としての役割をきちんとやってくれる人で一年を代理母として他人に捧げる覚悟のある人ということはわかっています。彼女たちは素晴らしく、人に尽くす人です。

代理母が決まったら、今度は卵子提供者の選考です。卵子提供者は重大な部分で、その若い女性は自分の遺伝的組織を提供するわけです。彼女たちは20歳から28歳の間で医学的に過去に問題のない方、彼女達もまた治療に最適であるかを調べるために、医学的な検査をします。

通常は自分に似ている人、家族に似ている人を選びます。卵子提供者の情報はたくさん提供されます。写真、プロフィール、希望すれば卵子提供者に会うこともできますし、匿名のままで進められることもあります。

ここで代理母、卵子提供者の医学的検査が終了し、契約を終了するために弁護士に会います。すべての契約書に署名がなされたときに、医学的治療が始められます。

治療というのは、卵子提供者の体外受精なので、彼女の卵巣を刺激し、たくさんの卵を作り、と同時に代理母はプロジェストロンという女性ホルモンを取り、子宮の内膜が卵子提供者と同じになるようにします。卵が採卵され、精子が受精され、精子提供者が二人の場合は、卵子をふたつに分けて、5日間培養し、胚盤胞の段階で一番か2番目にいい受精卵を選び、代理母の子宮に移植します。

両親予定者は立ち会うことができて、移植の日に受精卵を顕微鏡で見ることができ、移植のときには代理母を励ますことができます。その日は当院ではとても感動的な日です。

トランスジェンダーの方は、性転換手術の前に生殖細胞を凍結することが大切です。凍結精子や凍結卵子などの生殖細胞は後に家族を持つために使うことができます。性転換手術を行った後だと遅すぎるのです。

過去15年間に、私はゲイの男性が卵子提供や代理出産を通して子供を持つお手伝いをしてきました。患者さんは世界中から訪れます。その生まれてきた小さな赤ちゃんは、ゲイの男性も他の人たちと同じように子供を持つことができる、家族を持つことができるとみんなに広める使節になるのです。

代理母がアメリカの真ん中にある小さい町、保守的な場所の出身であることがよくあります。近所の人や教会の会員などが、彼女がゲイカップルの子供を妊娠していることを知ることになります。

ゆっくりですが、確実に、アメリカ中の人の態度や意見を変えるお手伝いをしているのです。性的指向に関係なく、すべての人が子供を持ち、家族を持つことができるのです。素晴らしいことです。

California Fertility Partnersでは家族を持ちたいゲイの男性でも女性でも歓迎し、たくさんの治療方法があることをお伝えします。

当院の医師、スタッフ一同、患者さんが親になるためのお手伝いをできることを楽しみにしています。

関連記事

PAGE TOP