動画

卵子凍結

 

妊娠率は基本的に女性の年齢によります。年齢が若ければ若いほど、妊娠率が上がります。年齢が上がるにつれ、卵子に染色体異常がより多くみられるようになります。

すぐに妊娠を希望していない女性でもパートナーがいれば、受精卵を凍結することができます。いない場合は、卵子を凍結することができます。早く行うほど、将来の妊娠率が高くなります。現在多くの病院が凍結を行っていますが、出生データがあるところは数件しかありません。出生データは非常に大切です。凍結卵でどれくらい成功しているか、質、どのように成長するかなどが出生データなしではわからないからです。

出生データがあれば、その技術が成功するかだけでなく、正しく行われているかがわかります。当院の成功は体外受精に対する慎重な取り組みによるものです。

関連記事

PAGE TOP